--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.07.02 12:03|未分類
書いていたらアホみたいに長くなったので記事にしときます。
以下質問。


>トレード歴だけは長く、2009年からです。
坂井田さんのブログを知ったのが2013年で、その時にはもう更新はほぼ無くなってました。
反撃の狼煙も見ていました。
去年の8月から専業チャレンジをしていまして、なんとか生活費だけは出ている状態です。
しかし検証では、pipsベースで良くて年単位トントンの結果しか出せません。
玉の入れ方で利益を出している現状です。
そこで質問なのですが、もし仮にテクニカルに依拠した手法が完成したとして、
それには有効期限があるように思うのですがいかがでしょうか?
もしくは条件付けを厳しくすれば使い続けられるものになるのでしょうか?
また、たけのこさんが考える相場で重要なものはなんですか?
エントリー、損切り、利食い、難平、増し玉、資金管理、環境認識、ファンダメンタル、マインドetc
それと「相場に対してキッチリ正面から向かい合う」とはどういうことなのか、
たけのこさんの切り口で書いていただけると嬉しいです。


以下回答。


おお!トレード歴長い人間ならではの質問ですね。そしてトレード歴だけが長いのは俺も同じです!
どれも難しい質問ですが、自分なりに答えていきます。

>もし仮にテクニカルに依拠した手法が完成したとして、
それには有効期限があるように思うのですがいかがでしょうか?


 これは一番カンタンな質問で、俺は「有効期限あり」と考えています。超ハイテクな技術と、莫大な資本を使って作り上げた意味不明なやり方ならまだしも、よくあるテクニカルを、こねくり回して作った様な手法で稼ぎ続けることが出来るとすれば、もはや錬金術です。その歪みに人々はすぐに気付き、エッジは消滅するでしょう。どんなクソ手法でも機能する期間は必ずありますが、あらゆる相場に通用する魔法の聖杯は存在しないと断言します。未来は誰にも分かりません。

>もしくは条件付けを厳しくすれば使い続けられるものになるのでしょうか?

 相場はランダムな時もあれば、一方方向に進む時もあります。つまり、変化しますので、手法も変化させて対応すれば使い続けることは可能だと思います。でもそれが裁量トレードだろjk、とも思いますが。条件付けを厳しくするというのは、誰もが通る無間地獄なのでオススメしません。でも、遠回りするのも必要だと思ったりもします。ハッキリ言って、テクニカルに依拠した手法のみに頼るのはありがちですが、それだけで勝ち続けられるほど相場は甘く無い、というのが実感です。

>たけのこさんが考える相場で重要なものはなんですか?
エントリー、損切り、利食い、難平、増し玉、資金管理、環境認識、ファンダメンタル、マインドetc


 難平はしないので分かりませんが、この中のどれかが突出して重要とかは考えていません。どれも基本だと思います。ファンダについては、かなり後になってから勉強を始めましたが、これはもっと早くやれば良かったと思っています。参加者の心理が見えやすくなり、立ち回りやすくなったので。

 例を出すと、6/24の英国EU離脱相場。この日は朝6時に投票終了となり、その後地区毎に投票結果を発表していきました。賭け屋のオッズでは残留派が圧勝、民間の世論調査でも残留派が優勢で、ポンドは残留を織り込んで上昇していました。一方需給に目をやると、IMMのポジは先週まで売り玉がパンパンでしたが、この動きによってかなり玉が整理されたと予想できます。離脱派の党首も7時前に敗北宣言。相場は残留派がどうせ勝つんだろ、といったしらけムードさえ漂っていました。つまり、直近ではポンドロングに傾いていると想定出来ます。対ドルでは日足直近高値を更新していました。

 この時点で、自分がとった戦略は「売り」でした。(結果が残留→出尽くしで売り、結果が離脱→サプライズで売り)なので、賭けとしては悪く無いと思ったのです。8時前にジブラルタルが9割で残留勝利。事前調査で、どちらの勢力が強い地区なのかは大体分かってましたが、今まで敏感に材料に反応していたのにポンドはあまり買われませんでした。ここでポンド円ショート。対円なのは、相場が不安定になると円が買われるからです。そこからはみんな知ってるようにガッツリ落ちて利食い。事前にFT2で予習していたスコットランド独立時のチャートも役立ちました。

 上記のトレードで分かるように、相場に応じて手法というか、戦略は変化します。そして、相場で重要なものはなんですか?という質問に答えると、ズバリ 「勘」 だと思います。別にふざけているわけではなく、俺も坂井田さんにその考えを聞いた時は正直意味が分かりませんでした。俺は検証で得られる統計的な判断で相場を張っていたんですが、イマイチ伸び悩んでました。そこで、統計的にはこうするべきだけど、今の相場状況的に自分の経験ではどっちが正しいか?という風に考えて相場を張るようになりました。分かりにくいですよね?例えば、自分の感覚的にはここは仕掛けるべきじゃないけど、ルールなので仕掛ける、といった事をやめたんです。すると、「勘」の部分が良くなって、相場での自由度が上がりました。でも、多分この概念は伝わらないかも知れません。俺も全然意味がわからなかったので。

>それと「相場に対してキッチリ正面から向かい合う」とはどういうことなのか、
たけのこさんの切り口で書いていただけると嬉しいです。


 これはもうハッキリと「規律」です。イチローのルーティンの様に決めたことを当たり前にこなして、いい加減なことはしない。まぁイチローを引き合いに出せばハードルが上がってしまうけど、朝早く決まった時間に起きる、とかそういう些細なものも含まれます。売買記録は毎日キッチリ書いて、必ず定期的に見直す。相場が始まる前に戦略を立てておく。疑問が出てきたら検証する。当たり前の事を当たり前に、焦らずコツコツとこなしていく。そうやって他人の意見に左右されること無く、ゆっくりと自分の相場観を醸成していく。

 エド・スィコータというトレーダーの言葉で、「皆、相場から自分の欲しいものを手に入れる」というのがありますが、ソウさんも俺の返信から欲しいものを手に入れると思います。ですが、人それぞれ置かれている状況によって、手に入れるものは異なるでしょう。そして、これらの考えはあくまでも俺が出した答えなので、ソウさんの指針にせず、自分自身の体験で腹に落ちた時、自ずと求めていた答えに辿り着くはずです。というか、ソウさんはもう1年近く相場で喰えてるわけだし、ロット上げたら普通にぶっちぎれると思うんですけど、どうなんでしょ。参考になれば幸いです。


スポンサーサイト
06 | 2016/07 | 08
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

たけのこ

Author:たけのこ
2006年株式にてトレードスタート
右も左も分からないままトレーディング。当然の様に150万溶かす
2008年日経225先物にて更なる迷えるトレーダーに・・・
やっぱり勝てず50万程溶かす
心が折れそうになりつつ2009年FX開始
取ったり取られたりで収支はイーブン
2011年後半にやっとトレードが形に?
2012年~記録のためブログスタート
2012年2月から本気で検証作業開始!!
検証にはForex Tester 2を使用
2012年6月からリアルトレード再開。主戦場はユロドル・ユロ円・ポンドル・ドル円の4通貨です
マーケットの魔術師を目指して日々修行中!

125x125-2.png

収支一覧

2012年01月 -20463円→詳細
2012年06月 -23080円→詳細
2012年07月 +40465円→詳細
2012年08月 +23084円→詳細
2012年09月 -18217円→詳細
2012年10月 +58722円→詳細
2012年11月 +3483円→詳細
2012年12月 -6310円→詳細
2013年01月 +62480円→詳細
2013年02月 +2770円→詳細
2013年03月 +12290円→詳細
2013年04月 +17921円→詳細

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。